行政書士・社会保険労務士

行政書士とは

名刺を交換すると「行政書士?」「どんな仕事ですか。」とよく聞かれます。一体何をしている人なのかさっぱり判らないのでしょう。行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類などを作成したり、その書類の提出手続を代行したり、書類についての相談を受けたりします。日本には、数多くの許認可制度がありますが、宅建業の免許や 建設業の免許等の許認可申請書類となれば、素人では難しい面もあります。

そんなとき、町の法律家である行政書士が活躍することになります。作成できる書類の数は、数千書類あると言われています。行政書士が手がける業務の中には皆さんでもできることがあります。それでも行政書士に依頼があるのは、提出手続きに時間がかかるからでしょう。

本人が忙しく、とても申請の時間がない場合、行政書士はその手続きを代行します。しかし、行政書士は比較的難易度の高い専門的な業務を主に取り扱います。

行政書士の仕事

行政書士の仕事(業務)としては、書類作成、提出代行、書類に関する相談の3つがあります。 キーワードは、”書類”です。下記の業務は、行政書士の取り扱う仕事のほんの一部です。行政書士の仕事は、まだまだ多岐にわたっております。

  • 相続人や相続財産の調査、確定、遺言書、遺産分割協議書の作成、財産相続の手続き等。
  • 株式会社・医療法人、宗教法人、社会福祉法人・NPO法人の設立等。
  • 飲食店・バー・キャバレー・旅館・麻雀・パチンコ・料理店等の営業許可申請等。
  • 古物商・薬局・指圧・はり師・理容室・美容室等の開設手続き、宅建業許可申請等
  • 建設業許可申請、建設工事入札の指名願い、 経営事項審査申請、決算後変更届等。
  • 自賠責保険金または損害賠償額の請求、示談書作成、任意保険請求等。
  • 契約書・示談書・協議書等の作成、告訴状・告発状・請願書、内証証明書作成等
  • 外国人入国手続き、在留資格変更許可申請、永住許可申請、帰化許可申請等。
  • 会計記帳業務、決算、財務諸表の作成、各種融資・申込手続き等。

行政書士は国家資格者です

行政書士は国家資格の法律家です。行政書士の仕事をするには「国家資格」が必要です。行政書士資格の無い者が行政書士の業務を行うことは法律で禁じられております。

社会保険労務士とは

社会保険労務士は、昭和43年6月に制定された「社会保険労務士法」によって制度化された国家資格です。この法律は、社会保険労務士制度を定めることによって、労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的」(同法第1条)として制定されたものです。

社会保険労務士は、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者をいいます。

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の業務は、多方面にわたっており一口では言い表わせませんが、労働社会保険関係及び人事・労務管理の専門家として、企業経営の四要素(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち、ヒトの採用から退職までの労働及び社会保険に関する諸問題、さらに老後の年金を含む生活設計や介護の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

社会保険労務士業務の概要

  • 代理・代行

労働基準法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、介護保険法などの申請、届出、報告、審査請求、異議申立て・休業補償、出産育児一時金、出産手当金、傷病手当金などの請求・労働保険、社会保険の加入・脱退、・各種給付金、助成金などの請求

  • 書類作成
    労働者名簿、賃金台帳、就業規則、賃金・退職金規程など
  • 相談指導
    賃金、退職金、労働時間、福利厚生、年金、採用、人事、賞与、解雇、定年、教育訓練、能力開発、安全衛生管理、個別労働関係紛争の事前防止や解決、紛争調整委員会におけるあっせん代理、労務診断など

カウンター

  • 748総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 692総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP